免疫システムの司令官

胸腺での教育期間の間に、T細胞はヘルパー丁細胞とキラーT細胞に分かれます。

先ほど、B細胞に抗体をつくらせたり、マクロファージに抗原を食べるように指令をだすのはT細胞だという話をしました。そのT細胞とはヘルパーT細胞のことです。ヘルパーT細胞は、マクロファージや好中球やNK細胞のように、外敵を食べたり破壊したりしません。また、B細胞のように抗体をつくって抗原を捕らえることもしません。つまり、抗原を直接は攻撃しないのです。

しかし、ヘルパーT細胞の指令がなければ、B細胞は抗体をつくって放出する什事を開始することができません。マクロファージなどの食細胞も、仕事をする態勢には入れません。ヘルパーT細胞がいなければ、免疫システムは稼働しないのです。ヘルパーT細胞、まさに免疫システムの司令官なのです。

異常細胞を攻撃するキラーT細胞

ヘルパーT細胞の指令を受けたB細胞は、抗体をどんどんつくり、その抗体で抗原を捕まえます。しかし、がん細胞やウイルス感染細胞に対してはどうでしょうか? B細胞のつくりだす抗体は、細胞と紡合することはできません。

このような異常な細胞を殺すのは、キラーT細胞です。そして、キラーT細胞に指令を与えるのも、ヘルパーT細胞です。

がん細胞やウイルス感染細胞を殺す細胞といえば、NK細胞もそうでした。どちらも「殺し屋」の名前を与えられており、異常細胞に対して強い殺傷力を発揮しますが、NK細胞のほうは、司令がなくても行動を起こします。そのぶん、すばやく敵を攻撃できるのです。

繰り返しになりますが、私たちの体内で、細胞のがん化はひんぱんに起こっています。60兆個の細胞がある時間的サイクルで生まれ変わりますが、そのときにミスが起こり、がん細胞ができます。 しかし、キラーT細胞とNK細胞が中心となり、その強力な殺傷力でがん細胞を攻撃してくれるから、私たちの健康は守られているのです。

抗体には種類がある

ここまでで、免疫システムの中心的役割を担う白血球の伸間たちを紹介してきました。これから、いよいよアレルギーが起きるメカニズムにテーマを移しましょう。

まず、抗体の話からはじめます。B細胞は細胞表㈲に抗体という分子をもっていて、その抗体と結合する抗原が現れたら、抗原をキャッチするために、同じ形の抗体をどんどんつくるということを説明しました。

抗体の成分はたんぱく質です。免疫システムにかかわるこの特殊なたんぱく質は、免疫グロブリン(イムノグロブリン/lmmunoglobulin)と名づけられています。抗体はたんぱく質であり、そのたんぱく質の名前が「免疫グロブリン」だということです。抗体はすべて免疫グロブリンであり、英語ylを略して「Ig」で表されます。

抗体の仕事は抗原をキャッチすることですが、抗原の種類はとてつもなく多く、また体の中のどこに現れるかわかりません。ならば抗体としていくつかのグループに分かれて、グループごとにある程度の守備範囲を分担したほうが効率的です。

ということで、抗体、つまり免疫グロブリンは、5つのグループに分かれています。

その5種類の免疫グロブリンは、それぞれ免疫グロブリンG(lgG)、免疫グロブリンM(lgM)、免疫グロブリンA(lgA)、免疫グロブリンD(lgD)、免疫グロブリンE(IgE)と呼ばれます。

抗体の構造

ここで抗体の構造を調べてみましょう。抗体には5種類ありますが、基本の形は5種類とも同じで、Y字型をしています。

Y字の下半身にあたる根元の部分はFc部分と呼ばれ、上半身にあたる先端部分はFab部分と呼ばれます。

そして、5つの免疫グロブリンはFc部分の構造がそれぞれ違っているので、その違いによって5種類に分けられています。

免疫グロブリン(=抗体)がY字型をしていて、根元がFc部分、先端がFab部分と呼ばれることを、ここでひとまず覚えておきましょう。

免疫グロブリンEは異端者?

5種類の免疫グロブリンのうち、数がいちばん多いのはIgGです。血管や組織中に幅広く存在し、多様な抗原と結合する守備範囲の広い免疫グロブリンです。

lgMはほとんどが血液中に存在し、侵入してきた抗原と初期の段階で結合する抗体といわれています。

lgAは主として粘膜を守備範囲としています。抗原は口や鼻からも入り、消化管の中を通ります。口や硲の中、消化竹の内側は粘膜で覆われています。

lgDについては、どういう機能をはたしているのか、まだよくわかっていません。

何度も繰り返していますが、抗体の働きは病原菌やウイルスなどの抗原と結合し、ほかの免疫細胞たちと協力して、最終的に抗原を殺してしまうことです。抗体の要となる機能は抗原と結合することです。

そして抗体は一部の構造の違いによって、5種類に分けられるという話をしました。しかし、いまざっと紹介したのは4種類だけで、まだlgEを紹介していません。それは、抗体の中でlgEを特別扱いする理由があるからです。もちろん、lgEも抗体の要としての機能をもっていて、抗原と結合します。しかしそのあとが間題です。 lgEは抗原と結合することによって、私たちの体にとってはありがたくない反応を起こしてしまいます。それがアレルギー反応なのです。