アレルギー症状の疑問 > 免疫反応とアレルギー > T細胞の登場。抗体を助ける補体

T細胞の登場。抗体を助ける補体

体に侵入してきた病原菌の手配書が貼りだされると、別の免疫細胞がかかわってきます。それがT細胞です。のちほど説明しますが、T細胞は免疫システムの司令官的役割を担っています。そこで、B細胞やマクロファージが貼りだした手配書を目にすると、彼らに指示をだします。

B細胞には「君がキャッチした抗原を残らず捕まえなければいけない。同じ形の抗体をどんどんつくりなさい」という指示をだすのです。B細胞はこの指示を受けて奮起します。科学的には「活性化される」といいます。つまり、T細胞はB細胞を活性化するというわけです。

抗原の手配書を貼りだした段階では、いわば車のエンジンを始動させた状態だったのが、活性化されることにより、アクセルを踏んで車を発進させた状態になると考えていいでしょう。

そして、B細胞は指示どおり、同じ形の抗体をどんどんつくり、放出します。実はこの抗体をつくる能力は、B細胞だけがもつ特殊能力です。このときB細胞は、エンジンを吹かしている状態よりも、機能がアップしています。このように機能アップしたB細胞を、特に「抗体産生細胞」または「プラズマ細胞」と呼びます。

T細胞はマクロファージにも指令をだします。マクロファージは「君が手配書に示したA病原菌をどんどん食べなさい」との指令を受け、A病原菌に攻撃をかけます。

抗体を助ける補体

B細胞がつくりだす抗体は、血流に乗って各所に運ばれ、A病原菌という抗原を見つけては捕まえます。抗体にがっちり結合された抗原は、自由を失ってしまいます。

ここで、補体という物質を紹介します。袖体はたんぱく質で、血液中に存在します。補体の仕事は抗体を助けることです。抗原と結合した抗体が血流に乗ってやってくると、補体は活性化され、自身の仕事を開始します。

補体の仕事の1つは、抗原が存在する場所に、抗体やマクロファージ、好中球などほかの免疫細胞を呼び寄せることです。集められた抗体は抗原を捕まえ、食細胞はそれらを食べ、免疫機能はいっそう強化されるわけです。また、補体みずからも細菌の細胞膜に穴を開けて殺します。マクロファージがいますから、殺された細菌の始末もしてくれるわけです。

このように、免疫細胞仲間や補体の協力によって抗原を退治してしまうと、B細胞の役目は終わります。

B細胞は抗原を記憶する

役目を終えたB細胞は、いさぎよく死んでしまいます。死骸はマクロファージがきれいに食べてくれます。

しかし、実は抗原と戦ったあとも、一部のB細胞は生き残ります。これをメモリーB細胞と呼びます。この細胞は幟いを交えた抗原を記憶しています。

「麻疹」という病気は一度かかると、ふたたびかかることはありません。そして麻疹が治ったあとは、「麻疹の免疫ができた」という言い方をします。これは、麻疹ウイルスという抗原と残ったB細胞の一部がメモリーB細胞として生き残り、抗原の記憶を一生もち続けるためです。2度:以降に麻疹ウイルスが侵入してきても、メモリーB細胞が抗原を記憶しているため、抗体の産生を迅速に開始できて、ウイルスの感染を抑えてしまうのです。 ただし最近、少し違う事態が起こっています。大学生が麻疹にかかり休校措置が取られたりしますが、あの大学生たちは生まれてはじめて麻疹にかかったのではありません。正確にいえば、子供のころに麻疹のワクチンを接種しているのです。ワクチンを打
って麻疹にかかったのと同じ状態にしたので、免疫ができているはずなのです。

しかし、そのワクチンは毒性を弱めてあるため、強い免疫ができなかったのです。そのため大学生になったころに、ふたたび麻疹にかかるということが起こるのです。近年、麻疹ワクチンは思春期に2回目の接種をすることになりました。子供のころ、本当に麻疹にかかった人は強い免疫ができ、二度と麻疹にかかりません。

T細胞はエリート教育を受ける?

次に、T細胞を紹介します。

T細胞は骨髄で生まれ、胸腺で専門教育を受け、特別な能力を身につけます。T細胞が胸腺で身につける特別な能力とは、「自己と非自己」を見分ける能力です。

免疫学では「自己と非自己」と簡潔に表現されます。それでは、「自己」とは、そして「非自己」とは、いったいなんでしょうか?

私たちの生体は、DNAという遺伝愉報の設計図にしたがってつくられています。そのDNA悄報にしたがってつくられたものが「自己」だと考えていいでしょう。

そして「非自己」とはそれ以外のものです。もっと具体的にいえば、外から私たちの体に入ってくる細菌やウイルスなどの外敵は、すべて「非自己」となります。

がん細胞は体の中にありますが、これは「非自己」です。がん細胞は遺伝子が傷つけられ、正常細胞が突然変界を起こして発生します。ですから「自己」ではありません。

たとえば肝臓の細胞は、ある時間的サイクルで新しい細胞につくり変えられます。このとき、新しい細胞はDNAの設計図どおりにつくられなければなりません。そうでないと、肝臓は正常に機能できなくなります。 しかしときどきミスが起こり、設計図とは違う細胞ができます。これががん細胞です。このように設計図にしたがわない細胞は「非自己」ということになります。

ウイルスや病原菌に侵入された細胞も、正常細胞ではなくなるので「非自己」です。

T細胞は、細菌やウイルス、がん細胞、ウイルス感染細胞など、私たちの体に害を与えるものを「非自己」として認識できるように、胸腺で厳しい教育を受けるのです。T細胞たちは一人前の免疫細胞になる資格を得るために、難しい試験の関門を通り抜けなければならないのです。